花粉対策と柿やグレープフルーツアレルギーへの対策

花粉症の人は毎年花粉の時期になると薬やマスク、眼鏡などによる花粉対策を行っています。
そして花粉対策とともに行っておきたいのが、食べ物へのアレルギー対策です。

花粉症の人は、柿やグレープフルーツなどの果物を食べたときに口の中がしびれたり、顔面が腫れる、呼吸困難になるなどの症状が起きやすくなっています。
グレープフルーツアレルギーなどはもともとグレープフルーツを食べていても症状が出なかった人にも突然起こることもありますので、注意が必要です。

花粉症の人がなぜ柿のアレルギーやグレープフルーツアレルギーが出るのかということとなりますが、花粉症の原因となるたんぱく質成分と果物に含まれるたんぱく質の構造が一部似ていることにあります。

そして果物を食べたときに何らかの変化を感じたときは、その果物の名前を記録しておきましょう。
頻繁に症状が出てくるようなら、その果物は避けるようにしましょう。グレープフルーツアレルギーの人がグレープフルーツを避ける、柿で何らかの反応がある人はそれを避けるようにするなどすればアレルギー症状は抑えることができます。

原因となっている果物がはっきりしない場合は血液検査を受けることでより診断が正確なものとなりますので、一度検査を受けるようにしましょう。アレルギーのある食べ物がわかっていれば、より予防もしやすくなります。

果物のほかにも、野菜やナッツ類でも同じような症状が出ることもありますので、こちらも気をつけたいところです。
そしてこうした症状は花粉対策の時期だけではなく、年間を通して注意が必要です。

食べ物のアレルギーは時として重篤な症状を引き起こすこともありますので、口の中のしびれなどの違和感があった場合はそ礼状食べないようにすることも大事です。

ページトップへ